りんぐすらいど

サイクルロードレース情報発信・コラム・戦術分析のブログ

スポンサーリンク

Cofidis 2022年シーズンチームガイド

 

読み:コフィディス

国籍:フランス

略号:COF

創設年:1997年

GM:セドリック・ヴァスール(フランス)

使用機材:デローザ(イタリア)

2021年UCIチームランキング:16位

(以下記事における年齢はすべて2022年12月31日時点のものとなります) 

 

【参考:過去のシーズンチームガイド】 

Cofidis, Solutions Crédits 2018年シーズンチームガイド - りんぐすらいど

Cofidis, Solutions Crédits 2019年シーズンチームガイド - りんぐすらいど

Cofidis,Solutions Crédits 2020年シーズンチームガイド - りんぐすらいど

Cofidis,Solutions Crédits 2021年シーズンチームガイド - りんぐすらいど

 

目次

 

※各グラフのポイントは独自に集計した2021シーズンの実績に基づきます。

同じポイントに基づいた各脚質ランキングは以下の記事を参照のこと。

note.com

 

スポンサーリンク

 

  

2022年ロースター

※2021年獲得UCIポイント順

f:id:SuzuTamaki:20220102122536p:plain

f:id:SuzuTamaki:20211230013612p:plain

f:id:SuzuTamaki:20211230013809p:plain

 

今年でワールドツアー3年目。最初の2年はエリア・ヴィヴィアーニの獲得など、大枚をはたいて大きな成果を目指していたが、この戦略は大失敗。ヴィヴィアーニを放出し、代わりに捕まえたのがヨン・イサギレ。あるいはアシストとしてのダヴィデ・ヴィレッラ。こちらは、ゆっくりと成長していくギヨーム・マルタンと組み合わせ、一定の結果を出しそうで期待したい。

とはいえ、全体としての力量はやっぱりプロチームに毛が生えた程度というのは否めない。とくにスプリント面ではヴィヴィアーニとラポルトが抜けた穴を埋める補強としてブライアン・コカールとダヴィデ・チモライ・・・一応ヴァルシャイトとルナールもスプリンターではあるが・・・

決定打にかけるロースターで、どれだけの成績を積み上げられるか。

 

 

注目選手

ギヨーム・マルタン(フランス、29歳)

脚質:クライマー

Embed from Getty Images

2021年の主な戦績

  • ツール・ド・フランス総合8位
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ総合9位
  • パリ~ニース総合6位
  • UCI世界ランキング49位

f:id:SuzuTamaki:20220102115103p:plain

 

総合23位→総合21位→総合12位と順調に伸ばし続けてきたツール・ド・フランスでの総合順位も、今年はついに総合8位、TOP10入りを果たす。

大逃げでタイムを稼いでからその貯金を切り崩した形にはなるが、それでもその順位をキープできる実力があってこそ。直後のブエルタでも総合9位と、調子の良さを継続した。

 

とはいえ、そこからさらに一段階上げていくだけのものがあるかはやや微妙。それよりは、ツール・ド・フランスでの山岳賞やステージ優勝、ワンデーレースでの活躍など、別の方法で目立つ必要があるのかも。

実際、これまでの7回の勝利経験はいずれも1クラスでしかなかったりと、大きなレースでの「勝利」に届かせることができていない勝負弱さが弱点ではある。

 

今年はヨン・イサギレがチームに加入し、マルタンの立ち位置も決して安心できるものではない。殻を破ることはできるのか。

 

 

ヨン・イサギレ(スペイン、33歳)

脚質:オールラウンダー

Embed from Getty Images

2021年の主な戦績

  • パリ~ニース総合3位
  • ツール・ド・ロマンディ総合7位
  • クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ総合7位
  • UCI世界ランキング55位

f:id:SuzuTamaki:20220102122106p:plain

 

積極的にステージ優勝も狙える爆発力と、TT能力の高さも合わせた全体的な安定力とに定評がある高レベルのステージレーサー。最近ではやや力を失いつつあるヘスス・エラダに代わって、チームのブエルタ担当兼1週間ステージレースのエースとして、かなり効果的な獲得と言えるだろう。その存在感はそれこそマルタンを食べてしまいかねないものと言える。

元々エースを目指して2017年にバーレーン入りを果たした男。その後アスタナでもイツリア・バスクカントリー制覇など一定の成果を収めるが、そこでも決して単独エースを許され続けたわけではなく、チャンスは多くはなかった。

今回、コフィディス移籍を決めたのは、今度こそ単独エースに近い形で活躍できる場を狙ってのことだろう。その願いと、チームの希望を叶えることはできるか。

 

 

ブライアン・コカール(フランス、30歳)

脚質:スプリンター

Embed from Getty Images

2021年の主な戦績

  • グランプリ・ドゥ・モルビアン2位
  • グランプリ・シクリスト・ラ・マルセイエーズ3位
  • ブークル・ドゥ・ラ・マイエンヌ4位
  • パリ~ブールジュ5位
  • パリ~ツール6位
  • UCI世界ランキング111位

f:id:SuzuTamaki:20220102123142p:plain

 

かつて、ツール・ド・フランスのシャンゼリゼで2位を獲った男。その後も、マルセル・キッテルとのギリギリの戦いで敗れ、悔しさのあまりうずくまってしまったこともある。さらにその後、チームとのゴタゴタなどもあり、数年間にわたりツール・ド・フランスに出られないという時も過ごし・・・

そんな彼がチームを渡り歩きついに、安定してツールに出場できるチームへの移籍を決めた。彼にとっては2014年に一瞬だけ所属チームがワールドツアー入りして経験はあるが、それ以来のワールドツアーチーム所属となる。

チームとしても、ブアニ、ラポルト、ヴィヴィアーニとなし得なかったツール・ド・フランスでの勝利という希望を託したいという思いはあるだろうが・・・コカールにとっても、その立場は決して確約されたものではない。アレハールトやチモライ、あるいはコンソンニと比較されてしまいかねない可能性すらある。

シーズン前半、まずは結果を残せるか。

 

 

その他注目選手

マックス・ヴァルシャイト(ドイツ、29歳)

脚質:TTスペシャリスト

元はジャイアント・アルペシン〜サンウェブ時代に、ニキアス・アルントやフィル・バウハウスらと共に、デゲンコルプ&キッテル世代の次を担うジャーマンスプリンターとして期待されていた。が、その立ち位置はやがてパスカル・アッカーマンに奪われ、この3名はそれぞれバラバラの道を歩み、バウハウスがコツコツとピュアスプリンターとして実績を重ねていく中、アルントは逃げスペシャリストとしての活路を見出し始め、そしてこのヴァルシャイトも、「TTスペシャリスト」としての道を歩み始めた。

実際、それは決して冗談ではなく、事実としてスプリント以上にTTの世界トップクラスプレイヤーとして成果を出しつつある。2021シーズンはジロとツールを含む、参戦した10の個人TTのうち8回でTOP10入りを果たし、欧州選手権TTでは並み居る競合に混じっての5位。そして世界選手権ミックスドリレー・チームタイムトライアルのドイツ代表メンバー入りし、トニー・マルティンの現役最後のレースでアルカンシェルを取らせるという偉業を支えた。

もちろん、スプリントにも参加はしている。TTよりは成績良くないけれど。また、パリ〜ルーベ12位など、体格を生かしたクラシックへの優位も見えてきているので、さらに幅広い活躍を期待したい。

 

ピート・アレハールト(ベルギー、27歳)

脚質:スプリンター

2019年のツール・ド・ユーロメトロポールでの涙のプロ初勝利からワールドツアーとしてのコフィディスに声をかけられ、プロ4年目のワールドツアーデビュー。彼の凄いところは、そこで終わらずに、しっかりと着実に成績を重ねてきているところ。昨年は、トロ・ブロ・レオン2位やドワースドール・ヘットハヘラント5位に加え、ブエルタ・ア・エスパーニャでも区間5位や6位など。好調が続けば、ブライアン・コカールのツール出場も脅かしかねないかも?(パリ〜ブールジュでもコカールを倒している)

ベルギー人らしく、クラシックでの活躍も期待したい。

 

ヴィクトル・ラフェ(フランス、26歳)

脚質:パンチャー

2018年コフィディスでプロデビュー。しかしその後はなかなか結果を出せず、2019年に至っては獲得UCIポイントは0。

そんな彼が、2021年はボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでエンリク・マスに次ぐ区間2位と総合4位、新人賞を獲得。良い雰囲気のまま乗り込んだジロ・デ・イタリアで、まさかの逃げ切り勝利。一気に飛躍した。

そしてその後もフランス国内選手権ロードレースで6位、アークティックレース・オブ・ノルウェーで総合3位・新人賞。状態の良さは継続しているため、2022年も期待できる存在かもしれない。

 

ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、31歳)

脚質:パンチャー

2016年ジャパンカップ覇者・2017年ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳賞獲得者は、キャノンデール、アスタナ、モビスターと転々とし、今年は意外にもこのチームに。

近年は目立った成績を残しているわけではないが、アスタナ時代は重要な山岳アシストとして活躍していたため、なかなか有力な山岳アシストに恵まれないマルタンにとっては、この上なく重要な存在になるかもしれない。本来その役割を担うはずだったルーベン・フェルナンデスなどが、そこまで頑張れていないので・・・。

 

 

各チームへのリンク

AG2Rシトロエン・チーム

アスタナ・カザフスタンチーム

バーレーン・ヴィクトリアス

ボーラ・ハンスグローエ

EFエデュケーション・イージーポスト

グルパマFDJ

イネオス・グレナディアーズ

アンテルマルシェ・ワンティゴベールマテリオ

イスラエル・プレミアテック

ロット・スーダル

モビスター・チーム

クイックステップ・アルファヴィニル

チーム・バイクエクスチェンジ・ジャイコ

チームDSM

チーム・ユンボ・ヴィスマ

トレック・セガフレード

UAEチーム・エミレーツ

 

スポンサーリンク

 

  

スポンサーリンク