りんぐすらいど

サイクルロードレース情報発信・コラム・戦術分析のブログ

Corendon-Circus 2019年シーズンチームガイド

読み:コレンドン・サーカス

国籍:ベルギー

略号:COC

創設年:2008年

GM:クリストフ・ルードホフト/フィリップ・ルードホフト(ベルギー)

使用機材:Canyon(ドイツ)

2018年UCIヨーロッパツアーランキング:32位

(以下記事における年齢はすべて2019年12月31日時点のものとなります) 

 

 

 

2019年ロースター

f:id:SuzuTamaki:20190109001646p:plain

f:id:SuzuTamaki:20190109001707p:plain

まずもって、マチュ―・ファンデルプールのためのチームと言っても過言ではない。

2018年の8勝中7勝がマチュ―によるものというデータも出ている。

 

とはいえ、プロコンチネンタルチームへの昇格にあたり、かなりの数の新加入選手を迎え入れた(代わりに放出した選手も数多い。昨年残り1勝を成し遂げているアダム・トゥパリックなど)。

その中には合併によって人数縮小の憂き目にあったヴェランダス・ウィレムスクレラン(現・クレラン・チャールズ)や、そもそもチームが消滅したアクアブルー・スポートからのメンバーもおり、彼らは当然、プロコンチネンタルチームに耐えられるだけの実績と実力を兼ね揃えている。

 

今までのように、ただマチュ―のためだけのチームであれば、いくら彼の実力をもってしても、北のクラシックを勝ち抜くことは難しかっただろう。

しかしこの補強により、本気でマチューがワールドツアーのレースを勝ち取ってしまう可能性を感じられるようになった。また、マチュー以外の勝利も十分に稼ぎ取ることができるだろう。

 

とはいえ、最大のライバルであるワウトは、ワールドツアーの名門であるユンボ・ヴィスマ所属。やはりそのチーム力の差は圧倒的ではある。

果たして、2019年の北のクラシック、マチューとコレンドン・サーカスはどれだけの存在感を示すことができるか。

 

 

注目選手

マチュ―・ファンデルプール(オランダ、24歳)

脚質:ルーラー

Embed from Getty Images

現代シクロクロス界の生んだ怪物。祖父は伝説的選手のレイモン・プリドール、父もシクロクロス世界王者かつロードレースでも世界選手権銀メダルを獲得しているアドリ・ファンデルプールというサラブレッドである。

無尽蔵な体力とテクニックで、もはや敵なしといった様相を呈している。3大シリーズ戦と呼ばれる、シクロクロスにおけるグランツールみたいなレースで、出場したレースほぼ全てで勝利している。それも、2位以下に圧倒的な差をつけた独走で。

 

今回、チームは彼のためにプロコンチネンタルに昇格。GMは、マチューが望むのであればワールドツアー入りも目指す、と宣言している。

マチュー自体はしばらくはシクロクロスと、そして2020年東京オリンピックに向けて、マウンテンバイクに重点を置きたい様子だ(2018年はロード、シクロクロス、マウンテンバイク全てで国内王者のタイトルを獲得している)。

コレンドンとは2023年までの長期契約を結んでおり、そのあとであってもまだ29歳。

ロードで結果を出すのはそれからでも十分間に合う、と考えているようである。

 

2019年の彼のスケジュールは以下の通り。

 

3/20 ノケーレ・コールス

3/31 ヘント~ウェヴェルヘム

4/3 ドワースドール・フラーンデレン

4/7 ロンド・ファン・フラーンデレン

4/17 ブラバンツ・ペイル

4/21 アムステルゴールドレース

4/24 ラ・フレッシュ・ワロンヌ

 

パリ~ルーベがリストに入っていないが、別に招待されなかったわけではなく、「スケジュール過密のため」マチュー自ら辞退したらしい。半端ない。

注目すべきは、シクロクロス選手が得意そうな北のクラシックだけでなく、アムステルやフレッシュ・ワロンヌのようなのようなアルデンヌ・クラシックがリストに入っていること。

平坦だけでなく、ある程度の登りもこなせるオールラウンドな脚質を持っているのであれば、本当に将来が楽しみで仕方ない。

 

と、いうわけで2019年の春のクラシックはとにかく、彼と彼のチームの動向に注目をしていきたいところ。

 

 

ラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、27歳)

脚質:スプリンター

Embed from Getty Images

アクアブルー・スポート所属の2018年にはワウト・ヴァンアールトが総合優勝しているポストノルド・デンマークルント(デンマーク1周レース)で区間1勝、総合3位。

その他、ヘラルド・サンツアーでスティール・ボンホフやキャメロン・マイヤーを破ってスプリント勝利するなど、彼にとってはキャリア最大の成績を収めるシーズンとなっていた。

あとはチームがあんな状態にさえならなければ・・・。

 

しかし心機一転。

2019年はマチュ―のための発射台の役割を担いつつ、ワウトへのリベンジを目指す。

また、マチューがパンチャー向けステージに対応できないときは、代わりに彼が勝利を目指すこととなるだろう。

 

 

ステイン・デヴォルデル(ベルギー、40歳)

脚質:ルーラー

Embed from Getty Images

カンチェラーラの右腕。

自らも過去2度、ロンドを制しているベテラン中のベテラン。

さすがに自前の選手だけでは厳しいだろうと考えてチームが用意した、最高のアシストである。

 

とはいえ、さすがにもう御年40歳。

ここ数年は実績らしい実績も残せていないし、実際の戦力というよりは、その経験からくる的確なアドバイスやチームのキャプテン役としての活躍が期待されることだろう。

 

実際、まだまだロードは未知数なところが多くあるはずのマチューにとって、これほど頼りになる存在はいるまい。

ロード界の怪物を間近で見てきた男が、次の世代の怪物を育て上げる役割を担うか。

 

 

その他注目選手

ロイ・ヤンス(ベルギー、29歳)

脚質:スプリンター

元はワンティやWBフェランクラシックに所属しており、2018年はコンチネンタルチームのシベル・セボン所属ながら、ノケーレ・コールス4位、デパンヌ3日間レース7位、ベルギーツアーでも区間3位など申し分のない成績。

過去にもスパルカッセン・ミュンスターラントジロで2度2位になったり、ブリュッセル・サイクリングクラシックでボーネンやコカールを降して2位になったりしている。

マチューにとっては頼れるスプリントアシストであると共に、彼自身が自ら勝利を掴めるサブエース候補となりうるだろう。

 

ヨナス・リッカールト(ベルギー、25歳)

脚質:スプリンター

スポートフラーンデレン・バロワーズから移籍。2018年はユーロメトロポールで6位、ダンケルク4日間で区間6位、シュヘルデプライスで8位など、トップ選手たちに混じって存在感を示していた。

トロ・ブロ・レオン8位、ドワースドール・ヘットハヘラント9位など、北のクラシックにも対応できる素質を持ち、ルーラー役としても重宝されることだろう。

 

ジャンニ・ヴェルメールシュ(ベルギー、27歳)

脚質:ルーラー

シクロクロスでも現在、3大シリーズ戦の1つであるスーパープレスティージュで総合6位につけている実力者。

ロードでは、ドワースドール・ヘットハヘラントでヴィヴィアーニに喰らいついての3位に入り込む足をもっている。

 

トム・メーウセン(ベルギー、31歳)

デイヴィッド・ファンデルプール(オランダ、27歳)

脚質:ルーラー

デイヴィッドはマチューの兄。

2人とも、普段のシクロクロスにおいてはマチューに次ぐ実力者であり、よく彼を助けている。

ロードレースでの経験は決して多くない2人ではあるものの、普段から日常的に接していることから、マチューにとっては息のあったコンビネーションや精神的支柱となりうる存在だ。